起業・経営

定款作成サポート

【ご相談:一般社団法人日本疲労メンテナンス協会 代表理事 成山春江様】

「日本疲労メンテナンス協会」の一般社団法人化の件でご相談しました。 疲労に気づく・疲労を知る・疲労をケアするの3つを基本活動方針として、皆様にトータルに疲労メンテナンスのご提案をしている団体です。 以下の写真は中日新聞社からの依頼でハッピーママフェスタ企業ブースで、疲労ストレス測定を行った時のものです。 最初は、定款作成から法務局の手続きまで独自に行う予定でした。 しかし時間的に余裕が取れないことと、訂正などが生じた場合時間的に余裕がなかったので定款のチェックと公証役場への手続きをお願いすることにしました。

 

【対応専門家:行政書士 勝友香梨】

成山様はご自身で新しく立ち上げる一般社団法人の定款のひな形を作成されておられました。一般社団法人の立ち上げは初めてとのことで定款のブラッシュアップのお手伝いをさせていただきました。 具体的には次のようなサポートです。

①通常の一般社団法人か、非営利型の一般社団法人を選択されるのか?  その違いのご説明。

②社員や社員総会、役員に関する条項の追加。

③その他、本店所在地の記載方法や公告方法など、細かい部分のアドバイスも行いました。

専門家による助言で、法人様にとって、本来、必要のない無駄な事務手続きや費用負担を回避することができます。 定款は法人の根幹をなす大事な書類です。 書類のボリュームとしては多くはありませんが、提出前にしっかりプロの目で確認を受けることをお勧めいたします。

 

【ご相談者様からのお声】

定款内容の矛盾点をご指摘いただくだけでなく、リスクマネジメントを考慮した内容をご提案いただき大変感謝しています。 女性に特化したブライトウーマンは、サービスを利用するかどうか迷っている時にも、窓口になってくださる方がこちら側の状況をよくよく理解して下さるので気軽に相談できました。 (お見積り段階で複数のサービス内容をご提案いただき、依頼しやすかったです。) こうした公の手続きに関しては臆してしまいがちですが、柔らかい物腰で対応していただき安心してお願いすることが出来ました。 経費はかかりましたが、不要に時間を費やすことなく予定通り法人化できたことを考えると、お願いしてよかったと思っています。